坐骨神経痛 | 札幌市中央区・大通りにある交通事故治療・むち打ち治療や整形外科の紹介・転院、小顔矯正、骨盤矯正を得意としている整骨院

札幌大通り駅徒歩3分夜22時迄受付の骨盤矯正×交通事故治療院

011-252-3201

お問い合わせはこちら

坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状って?

・お尻に痛みがある
・太ももの後ろ側に痛みを感じる
・足先までしびれを感じる
・歩くだけでお尻から足にしびれを感じる

 

坐骨神経痛は、人体の中で最も太い神経です。腰からお尻、太ももの後ろ側を通って、枝分かれしながら足先までつながっていきます。

 

下半身の坐骨神経が通る道沿いは、お尻や太ももの後ろ側に痛みが出てしまうことを「坐骨神経痛」と呼んでいます。お尻から太もも、ふくらはぎを通る重要な神経の1つに、「坐骨神経」があります。

 

その神経が何らかの原因で圧迫され、痛みを感じてしまうのが「坐骨神経痛」です。悪化してしまうと手術が必要になるケースもあり、早めに対処しなければなりません。札幌市中央区札幌大通りペイン整骨治療院・ペイン小顔骨盤矯正院~札幌大通り~でも坐骨神経痛に対応していますので、どうぞお気軽にご来院ください

坐骨神経痛の原因とは

坐骨神経痛の原因は様々です。

 

比較的若い人に多くみられるのは、腰椎と腰椎の間にある椎間板が後側に突び出て坐骨神経に痛みが出てしまうケースです。靭帯や神経を圧迫する「腰椎椎間板ヘルニア」や、股関節を動かして固定する「梨状筋」という筋肉が、その下を通る坐骨神経を圧迫して起こる「梨状筋症候群」です。厳密には病気の名前ではなく、お尻から太ももにかけて痛みの総称です。

 

腰から足へと伸びる神経が何らかの原因で圧迫されてしまい、「神経痛」となってしまいます。その多くは腰や背骨、骨盤の病気が関係しています。坐骨神経痛は投薬やブロック注射で治るケースがほとんどですが、重症化すると手術が必要になってしまいます。
最近では内視鏡を用いた体への負担が少ない手術も増えています。当院では外科的手術は一切行っておりません。できるだけ手術を回避して痛みを軽減することを推奨しております。理由として手術をしても痛みが改善されないケースもあるためです。もちろん手術を回避して痛みを解消した事例もたくさんありますので手術をせずに痛みを改善したいとお考えの方はぜひご相談頂けますと幸いです。

坐骨神経痛の治療はどうやるの?

坐骨神経痛は様々な原因によって引き起こされてしまいます。治療法も原因も様々ですが、当院では体のバランスを整える骨盤矯正や筋肉の緊張を弛緩させるマッサージなどを行わせて頂くことで、人間が本来もっている自然治癒力を高めていくことを注力した施術法を採用しております。

坐骨神経痛の予防

坐骨神経痛を予防するには、骨盤や腰を支える筋肉を鍛えておくと効果的です。ストレッチで筋肉を伸ばしてほぐしておくと、脊柱管の負担軽減につながるでしょう。特に一日デスクワークをしていることが多いと、筋肉が凝り固まってしまいます。定期的にストレッチを行うと、いい予防になります。このような日常生活のアドバイス等も詳しくお伝えさせて頂いております。

料金表はこちら
     
特徴
特徴 011-252-3201 特徴
腰痛
肩こり
骨盤矯正
交通事故施術
スポーツ障害
産後骨盤矯正