【むちうち】

札幌市中央区の人気のある「おすすめ整骨院」ペイン整骨治療院のむちうち治療と慰謝料の説明画像

交通事故後によくでる症状、むちうち症とは?

主に自動車の追突、衝突、急停車などによって首が鞭(むち)のようになったため、起こる症状を総称したものです。
正式には【外傷性頚部症候群】【頸椎捻挫】として診断名がつけられることが多く、
自動車事故のほかには労働災害、スポーツ障害によって引き起こされることが多いのがむちうち症です。

分類と症状

□頸椎捻挫型

頸椎(首の骨)の周りの筋肉や靭帯(じんたい)、軟部組織の損傷でもっとも多く見られ、むちうち症全体の70~80%を占めるとされています。
脊髄(せきずい)に損傷がなく、はっきりした神経症状(知覚や筋力の低下など)はないが、手足の痺れ・だるさ等の自覚症状を訴えます。
首や肩の痛みは首を後ろに伸ばすと強くなります。
また、首の動きが制限されることもあります。

□バレ・リュー症状型

頚椎の中には、脊髄という神経と神経根(しんけいこん)という神経が通っています。
頭蓋骨の中にある脳から脊髄が下りてきて頚椎の中に入り、神経根を介して手に神経が出ていきます。
あるいは、脊髄は頚椎を通ってそのまま足の方へ下りていきます。

頚椎症性神経根症では、脊髄から外へ出てきた神経根という神経が圧迫されるため、手の痺れ、手の痛み、首から肩、腕、指先にかけての痺れや痛み、そして、手の指が動かしにくいなどといった、上肢や手指の麻痺の症状が出てきます。
足にいく神経、つまり脊髄は圧迫されないので、上肢や腕の症状だけででてくるのが特徴です。

□神経根症状型

【後部交感神経症候群】とも呼ばれます。
自律神経が正常に機能しなくなることで、頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感、発熱、動悸、吐き気などの症状が現れると考えられています。

友だち追加