【交通事故】にあった時の注意ポイント!

事故画像。札幌市中央区の人気のある「おすすめ整骨院」ペイン整骨治療院

交通事故・むち打ち治療

多くの来院実績と多くのご紹介を頂いています

札幌整骨院のむちうち画像。札幌市中央区の人気のある「おすすめ整骨院」ペイン整骨治療院
事故画像。札幌市中央区の人気のある「おすすめ整骨院」ペイン整骨治療院

むちうち・交通事故にあったら

友だち追加

注意していても起こってしまうのが交通事故。
そんな交通事故にあってしまった場合、動揺して何をしたらいいかどうしたらいいかわからなくなってしまう事も少なくありません。

当院には一般の患者さんはもちろん、交通事故にあわれた患者さんやむちうちでお困りの多くの患者さんが来院されています。
その中で「どうしていいかわからなかった」「〇〇をするのを忘れてた」等のお話をよく聞くことがあります。
それでは交通事故にあってしまった場合はどうしたらいいでしょうか?
基本的には次の通りになります。

  1. まずは警察に連絡する
  2. 相手の氏名と連絡先等の情報を把握する
  3. 相手の保険会社の連絡先等の情報を把握する
  4. 自分の加入している保険会社に連絡する
  5. 病院に行って診察・検査を受ける
  6. 後々の為にもこまめに治療・リハビリを行う

これらの事は普段であれば当然のように分かっていることかもしれませんが、いざ事故にあってしまった場合は意外とわからなくなるもの。

まずは警察に連絡する

警察に連絡するのは普通だとお考えの方が大半だと思いますが、「今修理代と治療費を払うからそれで示談にしてほしい」とういわれた場合等、警察に連絡しないで済ませてしまう方も実際に多いです。

相手が車の場合、警察に連絡をすることで実況見分が行われ、運転手の運転免許の点数がひかれたり免許停止や免許取り消しが行われることがあります。

また、事故を起こした場合、加害者運転手が加入している自動車保険の保険金から、被害車両の修理代や被害者の治療費や慰謝料等が支払われることになり、交通事故の加害者が加入している保険の料金(保険等級)に変動があり、保険金が上がってしまいます。

交通事故の加害者は、警察等の介入によってこのような事が多いため、警察に連絡しないでその場で解決しようとする人もいます。

しかし、警察に連絡しないでその場で解決した場合には
交通事故にあったことを証明できない
交通事故によって受けたケガやむちうちによる保証を受けることが期待できない
といった交通事故被害者のデメリットが大きく、交通事故当日等はあまり身体が痛くなくても数日たってから痛くなってきた等はとても良く聞く話です。

事故が起こったその場の雰囲気や話の流れで解決しないで、加害者のメリットではなく公平できちんと処理するため、そして後々のトラブルを回避するためにも警察への連絡は必須です。

相手の氏名と連絡先等の情報を把握する

これは、警察に連絡すれば大体は警察が到着する前に把握できることかもしれませんが、中には警察を呼んでいる間にどっかに行ってしまうような人もいなくはありませんし、そのような話も結構聞きます。

その際は、「ひき逃げ」「当て逃げ」の様なもっと重い罪になると思いますが、
必ず名前と連絡先と車のナンバーは控えておくようにしましょう。

どうしてもつらくてそこまで気が回らなくても、性別と車の形と色は把握しとくべきでしょう。

相手の保険会社の連絡先等の情報を把握する

相手の保険会社の情報を把握するのはかなり重要です。

相手が無保険(任意保険に入っていない)の場合もあります。
そのような際は、被害にあった側の保険から自分の治療費等を支払うといったとっても理不尽な状況になってしまいます。

そして、相手の保険会社と担当者の情報が分かれば、基本的にはその後は当事者同士というよりも被害者と加害運転手が加入している保険会社の担当者とのやり取りになります。

そこで、今後の治療やリハビリ通院や保証・慰謝料等の話し合いを進めていきます。

必ず加害運転手の保険の加入・未加入と加入している自動車保険(任意保険)の情報を把握しておりましょう。

自分の加入している保険会社に連絡する

相手が加入している自動車保険(任意保険)会社の情報を把握するだけではなく、自分の加入している保険会社に連絡することも重要です。

車と車の事故でなくても、車にひかれた際や、歩いているときにぶつかった時、自転車にぶつけられたりした時でも同様です。

お車を運転していて事故にあった方は、自動車保険を真っ先に思い浮かべやすいと思いますが、保険といっても自動車保険(任意保険)だけではありません。

自身が加入している自動車保険(任意保険)の他にも一般医療保険やクレジットカードにも保険が付随している物もあります。

自分が加入している自動車保険(任意保険)に連絡するのはなぜか?

自分が加入している自動車保険の中には、搭乗者傷害保険やその他のお見舞金等の特約、そして交通事故の相手の対応に納得がいかない場合等トラブルになった時に、自分で相手側と交渉や話し合いをするのは、仕事もあるしプライベートの時間も割くことになり、何よりメンタル的に結構疲れます。
また、相手は交通事故交渉のプロであり知識では到底かないません。
そこで力強い味方になってくれるのが「弁護士」です。

弁護士というとまだ身近な存在ではないかもしれませんが、自分の入っている自動車保険や中には一般医療保険等でも弁護士特約が付随している場合があります。

そして、知らないうちにお見舞い特約・搭乗者傷害特約・弁護士特約に入っていた!という事も少なくありません。

入っていなければ使えないのですが、確認はするだけした方がいいと思います。

病院に行って診察・検査を受ける

当院は整骨院です。当院でも交通事故やむち打ち症のリハビリ通院を行えますし、その通院日数に応じた慰謝料が受け取ることが出来ます。

中には「整骨院に行ったら慰謝料がもらえない」なんて間違った情報を目にしますがそんなことはありません。
少なくとも当院ではそのような事はありません。

しかし注意が必要なのが、「病院は事故から数日以内には必ず行ってください」

これは、交通事故と痛めたからだとの因果関係(関係性)を証明するためにもとても重要です。

「事故後から痛くなったにきまってるのに」と考えても、書類上ではそうはなっていません。

病院に行ったら必ず痛いところ・気になるところ・ぶつけたところを必ずお医者さんに伝えてください。
そしてそれをきちんとカルテに書いてもらってください。

忙しいお医者さんの中には、「こことここが痛くて」等と伝えていたはずなのに、カルテ上には首の捻挫だけだった!
なんてことが珍しくありません。

そんなことを後から気が付いてもどうしようもなくなってしまいます。
必ず症状を正確に伝えカルテにきちんと書いているか診断書をもらう等して確認してください。

後々の為にもこまめに治療・リハビリを行う

病院に行って検査と診察を受けた後はお薬をもらったりマッサージや電気治療やマッサージ機器等の理学療法・リハビリをおこなう事になります。

この「診察・検査」「入院日数」そして「リハビリ通院」の日数とケガや受傷の重さが基本的な慰謝料の金額の算定目安になります。

例えば事故が発生してから示談書に印鑑を押すまでの間180日かかったとします。

この場合、治療期間は180日間だと考えやすいですが、その間に3回しかリハビリや診察を受けていなかった場合、慰謝料の算定目安は治療日数の3日間という事になります。

「忙しくて180日間の間に3回しか行けなかったけどずっとつらかった」といっても3日間しか対象になりません。

そして、こまめに通院することも大切です。

これは、初期の状態であれば痛みやつらさを早く改善しやすくもなりますし、つらければもちろん多くリハビリ等に来られると思います。
そして保険会社さんも同意見で、「痛くて辛いから多くの日に治療に行かれてるんだな」と思います。
逆にあまり頻繁にリハビリや治療に来られないと「痛みもつらさもそこまでだから治療に行ってないんだな」と考えます。

そのときに「仕事が忙しくて」等を伝えても全く伝わりません。
「最近治療も行ってないようなので、もうそろそろ今月で通院は終了してもらいます。これ以上通院されたいのであれば裁判を起こして治療と通院の必要性を証明してください。」
と言われてしまう事もあります。

当院では、保険会社さんに毎月レセプトという診療情報報告書を送付しております。
そこには通院した日付と行った治療の内容と現在の患者さんの症状の内容と今後について等を記入しています。

それは整形外科等の病院でも同じで、そこに先ほど書かせていただいたカルテや診断書に痛めたところの症状が掛かれていなかったり歩証明が診断書に書かれていなかったばあいは、その交通事故のけがは治療の対象にもなりません。

その他いろいろなことが交通事故やむち打ち通院では必要になってきます。

当院では、なかなか整骨院で導入できないような治療機器をはじめとした先進機器と充実した満足度の高いマッサージを含めた手技療法と接遇で多くの交通事故やむちうちになられてしまった患者さんが来院されています。
そして多くのご紹介も頂いております。

交通事故にあわれた際、どうしていいかわからない際はお気軽に当院にご連絡下さい。

最初に掛かった病院はあるけど遠いくて・・・
今言っている整骨院は全然よくない・・・

等の場合も、当院では整形外科をはじめとした大病院や各診療科の医師とも公私ともに信頼関係を築いております。
また、近くの整形外科等を紹介することも可能ですし、
整骨院を変えることも電話一歩院で可能です。

病院た整骨院を変更する場合、今ままでいっていた病院や整骨院に連絡しなくても大丈夫です。

まずは連絡いただければと思います。

一緒によくしていきましょう。

友だち追加

【交通事故・むち打ち治療】について ページ

【交通事故・むち打ち】Q&A ページ

トップページに戻る